FFmpegのコマンド | ストックオーディオコンバーター

基本形

FFmpegの基本的な変換のコマンドは以下のようにします。

ffmpeg -i town.flac town.mp3

-iの直後が入力(input)ファイルで、最後の項目が出力ファイルです。
このままだと、毎回コピーライトやビルドオプション等も表示されるので、

ffmpeg -hide_banner -i town.flac town.mp3

とし、必要な情報だけを表示させます。
出力ファイルを上書きする場合は、-yと指定します。

ffmpeg -hide_banner -y -i town.flac town.mp3

以下は、簡略化の為、これらのオプションは省略します。

コーデック

出力ファイルの拡張子(この場合はmp3)で、コーデックが自動で適用されますが、指定する場合は、

ffmpeg -i town.flac -c:a libmp3lame town.mp3

これは、上記のコマンドと同じ結果になります。
cはcodec,aはaudioで、-c:aの代わりに-acodecとも指定します。
コーデックの詳細は、

ffmpeg -h encoder=libmp3lame

-hはヘルプオプションで、その次にencoder=コーデックと指定します。
コーデックの一覧は公式のドキュメントで確認しました。

ビットレート

mp3・ogg・m4aなどの不可逆圧縮形式ではビットレートを指定します。
CBR(固定ビットレート)の場合は、

ffmpeg -i town.flac -b:a 320k town.mp3

-b:aの直後に数値を指定します。
この数値の基本単位がbpsなので、k(=1000)を付けてkbpsとします。
仕様では、例えばmp3だと、8k、16kといった指定も出来るのですが、自分が聞いた限りで、libmp3lameだと80k、libvorbisだと64k、libfdk_aacは48kが、曲としてギリギリ聞ける範囲でしたので、サイトの方ではそれらをビットレートの下限にしています。
VBR(可変ビットレート)の場合は、

ffmpeg -i town.flac -q:a 1 town.mp3

-q:aの後に、品質(quality)の数値を指定します。
使用するコーデックによっては、-q:aの代わりに-vbrと指定します。

ffmpeg -i town.flac -c:a libfdk_aac -vbr 1 town.m4a

この数値の範囲は、上記のヘルプオプションや、wiki等を参考にしました。

URL: sac.ringil-music.com
環境: さくらのVPS・Centos7・Nginx・PHP-FPM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。