Google検索でサイトが別のURLで表示される問題

追記 2020/1/26

サイトのURLを下記のように変更しました。

旧 https://stock-audio-converter.com

新 https://sac.ringil-music.com

 

本題

先日、Stock Audio Converterという、ブラウザ上で音声ファイルの形式変換をするwebサービスを、ベータ版として公開しました。

googleでサイトが表示されるか検索をしてみると、当方のサイトのurl、stock-audio-converter.comではなく、見知らぬurl、xcoinfriends.comとして表示されていました。

グーグル検索結果

そのサイトに入ってみると、chromeでは次のような警告文がでます。

chromeの警告文

これは当方のurlで、ssl証明書(通信を暗号化)を取得しているので、別のurlでサーバーにアクセスすると、登録情報との食い違いが生じたためです。

登録情報のエラー

しかしながら、タイトル、説明文、サイトのコンテンツまで同じなために、googleからは重複コンテンツとして、当方のurlは検索から除外されているようです。

サイトのコンテンツ

現状、当該urlからのアクセス制限は行ってはいますが、google検索の推移には時間がかかると思われます。

なので、当面の対処として、当方のサイトを利用する際に、ブックマーク登録して頂くことを推奨します。

ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

 

以下は、サーバーの具体的な話です。

環境:
さくらのVPS
Centos7
Nginx 1.10.2

当該のドメインをaguse.jpで調べてみると、直接当方のサーバーIPを指しているみたいなので、Stack Overflowを参考にして、/etc/nginx/nginx.confに以下の一文を加えて、指定のドメイン以外からのアクセスを制限するようにしました。

server {
    listen       443 ssl http2;
    listen       [::]:443 ssl http2;
    server_name  stock-audio-converter.com;

    if ($host != "stock-audio-converter.com") {
        return 403;
    }

   ・・・
}

追記 8/14

予想より大分早かったですが、当サイトのurlで再び表示されるようになりました。
検索で当方のurlが表示されても、chromeのinfo:URLで登録情報を調べると、まだ当該のurlで登録されていたのですが、それもしばらくすると、当方のurlで登録されるようになりました。

Google検索情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。